営業時間・定休日
営業時間

10:00~19:00

 
定休日

毎週火曜日 (祝祭日以外)※2018年7月より

 
電話番号

03-3722-3722

 
FAX

03-3722-4194

 
住所

〒158-0085

東京都世田谷区玉川田園調布2-7-19

※サービス工場の住所は異なります。店舗のご案内のページをご確認下さい。

スタッフブログ

   
2014/12/06  ショールームダイアリー 
アバルトの伝統色
 

皆さま、こんにちは(*゜▽゜)ノ

 

朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたね…

 

東京はカラッとした天気が続いていますが、

地方によっては大雪の場所もあるとのこと。

 

インフルエンザも流行ってきているようです!

体調には重々お気を付けくださいませm(_ _)m

 

 

そんな中、半袖で過ごす私です。

 

 

 

さてさて~!

本日ご紹介いたしますのはこちら!!!!!

ABARTH 595C TURISMO 

Grigio Campovolo

 

 

先日のブログでもお伝えしましたが

雰囲気バツグンの旧メーターは

ラスト1台となっております!!!!!

最後のアナログ☆

 

 

アナログメーターの雰囲気と相まって

素敵な雰囲気を醸し出すこちらのお車。

 

車体色の“Grigio Campovolo”は

レースシーンを彩ってきたABARTHの伝統色☆

 

 

 

 

 

カッコいい !

 

 

 

 

いっぱい!

 

 

 

速そう!

 

 

 

 

 

乗ってみたい☆

 

 

ところで皆さま、

“Campovolo”の意味ってご存知ですか?

 

Campovoloと言いますのは

イタリア語で「飛行場」を意味します。

 

「なんで車なのに飛行場?」と首をかしげた

私を含めたサソリビギナーの皆さま、

これにはABARTHの歴史を感じさせる

素敵な話があるのです☆

 

 

 

ABARTHの創始者カルロ・アバルトが

初めて大規模ファクトリーを設けた

聖地“コルソ・マルケ”

 

この地のそばにある小さな飛行場に

カルロ・アバルトが訪れたときのことです。

 

たまたま目に留まった航空燃料用のドラム缶には

放出品となった戦闘機の塗料が塗られていたのです。

 

 

 

「これだ!!!!!」

 

「この塗料は戦闘機に使われている。

 軽量かつ、空力的にも優れているのでは!」

 

 

 

そう見抜いたカルロは、

自身の創り上げたレーシングカーに

この塗料を採用したのでした。

 

 

そう、このときの塗料の色こそが

ABARTHのアイコンとも言えるライトグレー

“Grigio Campovolo”なのです。

その後のABARTHの躍進は言わずもがな。

 

 

こうやって歴史を紐解くと、ABARTHの持つ独創性、

そして、今日まで脈々と受け継がれてきたものが

より魅力的なものに感じられますね!

 

 

 

 

とってもお得なABARTH Special Offerに対応した

こちらのABARTHは残り1台! 

 

週末は是非ABARTH東京へ。

ABARTHの歴史に触れてみてください。

 

 

 

 

 アバルト東京ショールーム 
TEL : 03-5754-3728
E-mail : ab-tokyo@abarth.ne.jp

〒145-0063 東京都大田区南千束1-3-8
営業時間 : 10:00~19:00
定休日:毎月第1・2・3火曜日


 

 

 
2014年12月(28件)
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
ページ上部に戻る